ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎、あらすじと感想、第19回「罪と罰」は井伊家の新しい協力関係を描く

投稿日:

政次の真意を理解した直虎、今までとちょっと局面がちょっと変わったようですね。

政次がダークサイドに落ちた(?)ように見えてからというもの、冷たい関係が続いていましたが、前回の二人の会話の様子からして、二人の関係がちょっと発展するのでは・・・などと想像を掻き立てられましたが。

さて今回はいったいどんなことになるのでしょう。

<あらすじ>

今川家からの目付け役近藤康用(橋本じゅん)から、領内の山の木々が盗まれたとの訴えがあり、直虎(柴咲コウ)たちは、近藤家の者たちと、盗人をとらえるため見張りをたてることにした。

なんと、捕まったのは、直虎の顔見知り、以前偶然出会って知恵を借りた不思議な旅の男(柳楽優弥)だった。

男の処分を引き受けた直虎だったが、直之(矢本悠馬)と政次(高橋一生)は、いずれも打ち首を主張。殺したくない直虎は、処分をめぐって二人と対立することに・・・。

ところが、旅の男は、まんまと脱走してしまう。

 

<感想>

今川、武田の関係が対立に向かっている情勢の中で、大国に囲まれた井伊家は、いつ大国に飲み込まれてもおかしくない状況です。

やはり、仲良しごっこをしているわけにはいかない、直虎と政次。井伊家を守るため、真剣に言い争うくだりが、今回の見どころ。

助言をもらったことで、何となく恩義を感じて、正直「盗人の命を助けたい」直虎。

武人の直之から見ても、政治に通じた政次から見ても、直虎の判断はまだまだ未熟のようですね。

柴崎さんも、まだ成長途上の若々しい直虎を、元気いっぱいにみずみずしく演じていてチャーミングです。

政次の屋敷に乗り込んでいき、自分のやりたいことを、とうとうと話す直虎に、政次は手を焼きながら、兄のようにしかりつけます。

内心、もっとやさしくかばってやりたい気持ちはありながら、心を鬼にしていさめる政次の表情演技があいかわらず魅力的です。

これまで、「ほんとは裏切っていないけど、裏切ったような行動」を見せて、視聴者の興味を引っ張ってきた政次が、局面が変わって、これからどんな風に直虎に接していくか、この辺目を離せませんね~。

本来、この二人は三角関係のうちの二角。でも直親(三浦春馬)が死んでしまったことで、この直親と政次は永遠の未完成の二角にとどまるのでしょうか。政次の気持ちが見えているだけに、二人が協力しあっているところを見ると、なんだかドキドキしちゃいます。

そのほかに、前々から気になっていた旅の男(今回逃げた盗人)は、いったいどんな人物なのでしょう。どうみてもただならぬ雰囲気を漂わせていますよね。

今回の主人公直虎は、ちゃんと主人公らしくドラマの展開を引っ張る構造になっているので、先が楽しみです。きっと優れた大人に成長するに違いないと期待させてくれます。

政次や直之にどなられながら、ぐんぐん成長していくんでしょうね、きっと。

 

<今回の名セリフ>

「いいたいことはいうたか。・・・殿が今守らねばならぬものは、なんだっ!?」

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

-ドラマレビュー, 大河ドラマ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひよっこ第14週「俺は笑って生きてっとう!」あらすじと感想~ビートルズ来日でみんな大騒ぎ!?

時は1966年6月、ついに日本にビートルズがやってきました。 今週のストーリーは、6月30日の公演前夜から始まります。たぶんみね子やすずふり亭とそのご近所さんたちにとって、忘れられない日々だったと思い …

U-NEXTで世界最強の海外ドラマを見よう~「プリズンブレイクⅠ~Ⅴ」

面白い海外ドラマと言われたら、真っ先に頭に浮かぶのがこのドラマ「プリズンブレイク」。 最近、シーズン5が始まったので、改めて最初から見直したくなった人も多いはず。 シーズン5を見る前に、ちょっとおさら …

おんな城主直虎第29回「女たちの挽歌」~直虎の「戦国サバイバル」はじまる!

ついに今川の要であった寿桂尼が最後の時を迎えました。彼女の存在がなくなるということは、現状の戦国地図を塗り替える戦乱の勃発に結びつきます。 そんな中、当主としてのリーダーシップを発揮し始めた直虎がどの …

ひよっこ第12週 「内緒話と、春の風」~みね子と仲間たち

みね子がすずふり亭で働き始めてもう2か月。 仕事にも慣れて、ポニーテールもすっかり板につきました。白いおリボンがキュートです! 日本の人口が一億人を超えた、という1966年(昭和41年)の春のこと。東 …

大河ドラマ おんな城主直虎 あらすじと感想 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

女性が主人公の大河は、「篤姫」以来ヒットがありませんでしたね。でも今年の大河は、なんだか盛り上がりそうな気がしてきました。 最近「女の子大河」は実力派女優起用にもかかわらず、「江」「八重の桜」「花燃ゆ …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット