ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎第21回「ぬしの名は」~領主は泥棒なのか?

投稿日:

今まで謎の存在だった気になる男、盗賊団のかしらが登場。直虎とようやくまともに対峙する第21回。

ドラマとしては直虎が盗賊団にさらわれるというありえない展開にちょっとハラハラ。

今回は直虎VS謎の男という線でストーリーがすすみます。

<あらすじ>

浜名湖に面した港町、気賀(きが)を訪れた直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。目的は、井伊の農民たちが生産した綿布の商いだった。

商人たちでにぎわう気賀の町で、銭入れを盗まれた直虎は、盗人を追いかけてとらえようとするが反対に盗賊にとらえられてしまう。その盗賊団のかしらこそ、先に木材の盗人として井伊にとらえられ、脱出した謎の男だった。

盗賊団は直虎の身代金を要求するが、直虎は一計を案じた井伊の家臣たちに無事に救出される。

救出後も、直虎は男の言った「領主は泥棒」ということばがアタマから離れない。男の言葉に一理を感じるものの、放置できない直虎は、男を説得し、材木の切り出しに協力させることに成功したのだった。

 

今回は、高橋一生さんの出番が少な目なのが残念ではありましたが、謎の男=龍雲丸の立ち位置や本音がわかって、この点はすっきりいたしました。

井伊の当主の家に生まれながらも、仏門に入った直虎は、普通の姫とは比べ物にならない苦労をしてきたはずですが、その彼女にとっても「領主は泥棒」という考え方はあまりにも衝撃的なものでした。

確かに、農民たちは自分の作った農作物も口にできないほど領主に搾取されるという時代です。そのような社会を180度違った角度からみる男の出現は、直虎にとっておそらくは大きなプラスになるに違いないですね。

ドラマには、結構はっきりした悪役がいたほうが盛り上がるんですが、その点では、物足りなかったかも。この人も結局「直虎サポーター」になるんでしょうね。

直虎は今のところ、考え方も子供で、政次をはじめとするすばらしい家臣の助けで、領主としての修行中、といったところでしょうか。

政次が、今川に取り込まれて「ダークサイドに落ちた」状態のときは、ドラマに政治的かつ、人間関係的になぞと緊張感が生まれて一番盛り上がったんですが。結局政次も井伊のために行動していたことがすでにわかっております。

ここから先は、ぜひ直虎にかっこよく活躍してほしいもの。今までの女性主役の大河は、なんにもしないで脇役に回っていた状況がおおかったのが残念なところでした。直虎さんにはますます暴れて周りを引っ張ってほしいです。

せっかく武田、今川、松平、織田といった戦国豪華メンバーに囲まれているので、この辺のややこしい政治的駆け引きに取り組んでほしいですね。

 

★本日の一言は、直虎さん

直虎「・・・卑しくあらねば生きていけぬというのは幸いなことではけしてない。ならば、せねばならぬことは、卑しさをむき出しにせずとも済むような世にすることではないのか!」

龍雲丸「世~?!」

さすがです、直虎さん。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

-ドラマレビュー, 大河ドラマ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウチの夫は仕事ができない第1回あらすじと感想~ダメ夫は本当にダメ夫?

関ジャニの錦戸君がダメ夫を演じるドラマ、「ウチの夫は仕事ができない」がいよいよ始まりました~。 ダメな錦戸君はあんまり見たくないけど、つい心配で見てしまいましたよ。 一方、奥さんを演じるのは松岡茉優さ …

おんな城主直虎第31回「虎松の首」~井伊家お取り潰し?!

ブラック・政次が久々の大活躍。憎まれ役がすっかり板について 、直虎すら「だまされていないか?」と時には心配になるほど。政次と直虎の表情の一つ一つが見逃せない緊迫の31回でした。 前回は、今川氏の陰謀で …

U-NEXTで世界最強の海外ドラマを見よう~「プリズンブレイクⅠ~Ⅴ」

面白い海外ドラマと言われたら、真っ先に頭に浮かぶのがこのドラマ「プリズンブレイク」。 最近、シーズン5が始まったので、改めて最初から見直したくなった人も多いはず。 シーズン5を見る前に、ちょっとおさら …

おんな城主直虎第40回「天正の草履番」~直虎の、直親の、政次の思いが受け継がれていく

政次の処刑後、今後の展開を心配する声も少なくなかった「おんな城主直虎」。しかし、実は、物語はますます熱くなっています。 なんといっても青年に成長した虎松の登場。歴史上でも、彼は後の徳川四天王に数えられ …

おんな城主直虎第30回「潰されざる者」~井伊の危機が再び、直虎絶体絶命!

数々の危機を才覚で乗り切ってきた直虎とそのチーム。しかし、その実態は、常にこわれかけたつり橋を渡っているようなもの。踏み出す足を一つ間違えれば奈落の底へ落ちていく状況に変わりはなかったのです。 そのう …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット