ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎第21回「ぬしの名は」~領主は泥棒なのか?

投稿日:

今まで謎の存在だった気になる男、盗賊団のかしらが登場。直虎とようやくまともに対峙する第21回。

ドラマとしては直虎が盗賊団にさらわれるというありえない展開にちょっとハラハラ。

今回は直虎VS謎の男という線でストーリーがすすみます。

<あらすじ>

浜名湖に面した港町、気賀(きが)を訪れた直虎(柴咲コウ)と方久(ムロツヨシ)。目的は、井伊の農民たちが生産した綿布の商いだった。

商人たちでにぎわう気賀の町で、銭入れを盗まれた直虎は、盗人を追いかけてとらえようとするが反対に盗賊にとらえられてしまう。その盗賊団のかしらこそ、先に木材の盗人として井伊にとらえられ、脱出した謎の男だった。

盗賊団は直虎の身代金を要求するが、直虎は一計を案じた井伊の家臣たちに無事に救出される。

救出後も、直虎は男の言った「領主は泥棒」ということばがアタマから離れない。男の言葉に一理を感じるものの、放置できない直虎は、男を説得し、材木の切り出しに協力させることに成功したのだった。

 

今回は、高橋一生さんの出番が少な目なのが残念ではありましたが、謎の男=龍雲丸の立ち位置や本音がわかって、この点はすっきりいたしました。

井伊の当主の家に生まれながらも、仏門に入った直虎は、普通の姫とは比べ物にならない苦労をしてきたはずですが、その彼女にとっても「領主は泥棒」という考え方はあまりにも衝撃的なものでした。

確かに、農民たちは自分の作った農作物も口にできないほど領主に搾取されるという時代です。そのような社会を180度違った角度からみる男の出現は、直虎にとっておそらくは大きなプラスになるに違いないですね。

ドラマには、結構はっきりした悪役がいたほうが盛り上がるんですが、その点では、物足りなかったかも。この人も結局「直虎サポーター」になるんでしょうね。

直虎は今のところ、考え方も子供で、政次をはじめとするすばらしい家臣の助けで、領主としての修行中、といったところでしょうか。

政次が、今川に取り込まれて「ダークサイドに落ちた」状態のときは、ドラマに政治的かつ、人間関係的になぞと緊張感が生まれて一番盛り上がったんですが。結局政次も井伊のために行動していたことがすでにわかっております。

ここから先は、ぜひ直虎にかっこよく活躍してほしいもの。今までの女性主役の大河は、なんにもしないで脇役に回っていた状況がおおかったのが残念なところでした。直虎さんにはますます暴れて周りを引っ張ってほしいです。

せっかく武田、今川、松平、織田といった戦国豪華メンバーに囲まれているので、この辺のややこしい政治的駆け引きに取り組んでほしいですね。

 

★本日の一言は、直虎さん

直虎「・・・卑しくあらねば生きていけぬというのは幸いなことではけしてない。ならば、せねばならぬことは、卑しさをむき出しにせずとも済むような世にすることではないのか!」

龍雲丸「世~?!」

さすがです、直虎さん。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

-ドラマレビュー, 大河ドラマ
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小さな巨人第10話~あらすじと感想~最終回、最後の対決で勝ったのは誰?

豪華キャストの大集合で華麗に展開する警察ドラマ。ミステリーというより警察組織の人間模様というところに焦点があたったハイテンション・ドラマもいよいよ最終回となりました。 単なる勧善懲悪ドラマではないだろ …

おんな城主直虎 第33回「嫌われ政次の一生」~政次衝撃の最期に号泣!

ただでは済まないと思っていた今日の第33回ですが、最後の展開はまさに衝撃的!大河ドラマ史上に残る名場面ではないでしょうか。 武田がついに今川を攻め、徳川軍も動き出します。井伊家にとってはまさに正念場。 …

ひよっこ第13週 ビートルズがやって来る~あらすじと感想~弾けるみね子!

今週はみね子の失踪したお父さんの消息が少しだけわかります。 ・・・でも、ちょっとだけ。 明るく笑顔で生きているみね子にとってはかえってつらいかも、の情報です。 そんなみね子をやさしく見守るすずふり亭や …

おんな城主直虎第41回「この玄関の片隅で」~万千代頑張るが、まだまだ!?

今年の大河ドラマももう終盤。 局面が変わって、これまで井伊直虎のストーリーだったのが、のちに徳川家で出世する直政(現在の呼称万千代)の出世物語になってきました。とはいえ、万千代は独力でのし上がるという …

おんな城主直虎第34回隠し港の龍雲丸~どん底の直虎と辞世の句!

冒頭、政次の最期のときを振り返り、つぎは井伊の居館で上座にすわる近藤の姿。そして悲嘆にくれる井伊家の一同。 なんとも悔しさがこみ上げる第34回です。 政次の存在がないことが巨大なブラックホールのように …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット