大河ドラマ 未分類

おんな城主直虎第42回「長篠に立てる柵」~長篠の戦い!しかし万千代は留守居中

投稿日:

結局、初陣を飾れずに家康に置いて行かれた万千代でしたが、「日の本一の留守居」と家康にいわれたので、がんばって仕事に励む万千代でした。

今回は、織田信長(市川海老蔵)が登場。なんだか「デスノート」の悪魔みたいないでたちで、いるだけで超こわいです。家康も、何を言われても抗えないコワサです。

このドラマの筋書き、なんだか歴史的事件の内幕ものみたいで、戦う前の武将たちの意見のぶつかりとか、本音とか、そっちのほうがクローズアップされてて面白いです。

<あらすじ>

徳川家康(阿部サダヲ)はついに長篠へと出陣した。万千代(菅田将暉)は無念ながらも留守居となり、初陣はならなかった。

長篠では織田信長(市川海老蔵)がともに参戦。鉄砲を用いた完璧な作戦を皆に披露する。主導権を握られた徳川軍は面白くはないものの、結局は信長の策にしたがって準備をすすめ、大勝利を収める。

浜松城では、万千代と万福(井之脇海)が、武具の手入れを押し付けられ、そのうえその手柄を小姓に横取りされてしまう。しかし、戦から帰った家康は、二人が留守中にしていたことをちゃんと気づいてねぎらってくれた。

なんだか万千代は、家康にかわいがられていますね。

上から見ていると、頑張っている子はわかるんでしょうか。かつて、直虎に心理的に「借り」をつくってしまったことが出発点ですが、わが手足のようにとまでは動いてくれないおじさん家臣たちとちがい、「日の本一の留守居」と命じれば、その通りにやろうとする万千代は、家康にとって新しい発見、掘り出し物的人材であったに違いありません。

井伊家のサバイバル物語であるこの大河ドラマは、どうやら、徳川幕府という大きな流れにつながっていくようです。

いつもの戦国ドラマでは、「できあがった存在」の老獪なおじいさんだった徳川家康の悪戦苦闘時代から描いてくれるので、なんだかフレッシュです。

ああ、こうやって、徳川は大きくなっていったんだな、と。こうしてみると、家康は、信長みたいなカリスマ性は全然なく、普通の人で、ただ人より先をみる才能があったんだなと思います。人を見る目もありますよね。

ちょっと頼りなさそうな、阿部サダヲさんの演じ方も面白いです!

今週の一言 byノブさん

今すぐには無理かもしれませんが、いつか必ず時はきます。殿がかようにはみ出し者の私どもを迎え入れたのは必ず意味があります。殿を信じその時が来るのを待ち、ばっと前にでるのです。

 次回はどうやら、やっと万千代のステップアップが見られそうで楽しみです♪

-大河ドラマ, 未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんな城主直虎第34回隠し港の龍雲丸~どん底の直虎と辞世の句!

冒頭、政次の最期のときを振り返り、つぎは井伊の居館で上座にすわる近藤の姿。そして悲嘆にくれる井伊家の一同。 なんとも悔しさがこみ上げる第34回です。 政次の存在がないことが巨大なブラックホールのように …

おんな城主直虎第37回「武田が来たりて火を放つ」~還俗した直虎の生活、平穏ではいられない!?

井伊家当主としての仕事を終えた直虎さんは、龍雲丸とともに農婦として静かな日々を送っています。 すっかり農婦姿も板についた様子の直虎さん。農民たちも、親しげに楽しそうに元・殿に接しています。なにやらただ …

おんな城主直虎 第23回「盗賊は二度 仏を盗む」あらすじ~龍雲丸またまたピンチ!?

今回は、龍雲丸を中心に物語が展開。面白すぎて目が離せなくなってきた「直虎」。ここのところ、個人的な人間関係中心で、ちょっと大河っぽくない感じがしますが、これはこれでドラマとして面白いし、見ていてこころ …

おんな城主直虎第28回「死の帳面」あらすじと感想~寿桂尼と直虎の対決★

最近、一番楽しみにしているのが、この「直虎」です。人物像がしっかり描かれている上に、毎回かっちりまとまったスト-リーが魅力です。 今までは、直虎が当主として成長し、内政をまとめていく様が様々なエピソー …

おんな城主直虎第21回「ぬしの名は」~領主は泥棒なのか?

今まで謎の存在だった気になる男、盗賊団のかしらが登場。直虎とようやくまともに対峙する第21回。 ドラマとしては直虎が盗賊団にさらわれるというありえない展開にちょっとハラハラ。 今回は直虎VS謎の男とい …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット