大河ドラマ

おんな城主直虎第31回「虎松の首」~井伊家お取り潰し?!

投稿日:

ブラック・政次が久々の大活躍。憎まれ役がすっかり板について 、直虎すら「だまされていないか?」と時には心配になるほど。政次と直虎の表情の一つ一つが見逃せない緊迫の31回でした。

前回は、今川氏の陰謀で、井伊谷を直轄地にするため、井伊に徳政令を出させようとしたところ、農民たちが大反対。そこへかけつけた直虎に、なんと、政次は刀をつきつけて「俺を信じろ」と静かにつぶやいたのです。政次の意図はいったい・・・。

<あらすじ>

直虎(柴咲コウ)は、結局今川の命に従い徳政令を出さざるをえなかった。これにより、井伊家はお取り潰し、井伊谷は今川のものになってしまった。

しかし、直虎と政次(高橋一生)は、いったん今川に井伊谷を明け渡ししたものの、密かに家康(阿部サダヲ)と組んで井伊家復活をもくろんでいたのだ。

井伊家一族は、家を追われ、川名の隠し里に逃れた。政次は今川の手先として、井伊谷に残り、忠実に徳政令を実行し、今川方の信用を得る。

直虎は、井伊の一同に政次の行動は実はすべて井伊家のためであって、お家のために盾になっているのだと説明する。そして、井伊家をいずれ近いうちに復活させる目論見であることも。そのために、虎松(寺田心)を三河の寺へ送り出し、身の安全を確保する。

やはり、今川氏真(尾上松也)は、手を緩めなかった。今度は、井伊の断絶を図るため、虎松(寺田心)の首を差し出すようにもとめてきたのだ。

政次がとった策は、なんと見知らぬ幼子の首を虎松と偽って今川に差し出すことだった。首見分を求められて尼姿で今川一党(含む政次)の前にでた直虎。政次のしたことを悟って、首をかき抱き、涙ながらに経を唱えるのだった。

ダークサイドに落ちた政次(高橋一生さん!)の感じ悪い演技は相変わらずさえわたっていて、こんなに感じ悪いのに「もっと見たい」という不思議な気持ちにすらなります。

今回の見どころは、ろくに細部を打ち合わせるいとまもないままに、重要な決断を迫られた直虎と、相手方についたふりをして井伊家を責め立てる政次の阿吽の呼吸のごとき連携ぶりです。

これまで、幼馴染ながら「何を考えているのか」とお互いにいぶかしく思っていたはずでしたがここへきて、テレパシーのごとく、相手の気持ちを読んで正しい手を打っていくようになりました。

よく一緒に碁を打っていたのは、テレパシーの練習だったのか・・・?

かつて、政次が父・政直の行動を咎める気持ちになったように、今回は、甥の亥之助(荒井雄斗)が政次が家を裏切ったと責めます。しかし、あくまで真意を明かさない政次。心の内で、かつての父と自分を思い出していたようですね。

そして、今回は、虎松君の名演技が光ってました。虎松の賢さと幼さを的確に演じていました。

<今週の一言> by 政次さん

「案ずるな・・・地獄へは俺が行く」

カッコよすぎます、政次さん。

しかし、井伊のためとはいえ、ヒトゴロシしちゃったんですよね。

大嘘をつく政次を見て、涙を流す直虎。虎松の首ではないのは分かったはずですから、こんなことまでした「鶴」の真情を感じ、身代わりの幼子を哀れに思い、また、「鶴」の彼の行く末をおもんぱかった涙だったのではないでしょうか。

次回の展開が気になります・・・。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ


大河ドラマ・時代劇ランキング

-大河ドラマ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんな城主直虎第32回復活の火~大波乱の幕開け、井伊家復活なるか?

急速に落ち着かない情勢になってきました。武田が今まさに今川へ攻め込まんとする中、そのきわどい瞬間を利用して直虎たちは井伊家を復活させようともくろんでいます。 細かい打ち合わせもできぬまま、政次を信じて …

おんな城主直虎「蘇りし者たち」~龍雲丸もついに!?立ち上がれ直虎

「生きているものはおらんかーっ」という皆の悲痛な叫びで今回のドラマは幕を開けます。気賀の民たちは、徳川軍によって殺戮され、堀川城には死体がころがっているばかり。その中には、民たちを助け出そうとして奮闘 …

おんな城主直虎第38回「井伊を共に去りぬ」~直虎さん、恋と仕事、どっちをとるの

井伊谷を追われた井伊家の人々+農民たちですが、直虎さんを中心にどっこいちゃんと生き残っています。殿をやめて農夫に転身し、龍雲丸と暮らしている直虎さんですが、やっぱり心は井伊の民みんなに向かっています。 …

おんな城主直虎第39回「虎松の野望」~終盤は虎松が暴れる!

今回から、15歳の虎松が登場。自然とドラマの流れも虎松が中心に。 直虎さんも心なしか少し枯れた感じになっていたみたいでちょっと寂しいな~。龍雲丸もいっちゃいましたからね。今では、井伊の里を少しでも豊か …

大河ドラマ おんな城主直虎 あらすじと感想 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

女性が主人公の大河は、「篤姫」以来ヒットがありませんでしたね。でも今年の大河は、なんだか盛り上がりそうな気がしてきました。 最近「女の子大河」は実力派女優起用にもかかわらず、「江」「八重の桜」「花燃ゆ …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット