ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎第26回「誰がために城はある」あらすじと感想~直虎は気賀を救えるか?

投稿日:

危機一髪、今川に対する謀反の疑いを晴らした直虎。

しかし、またまた問題が発生いたします。またも材木がらみの問題ですが、トラブルの難易度がどんどん上がってくる気がします。・・・直虎がどのように解決していくのか、楽しみです。

では、あらすじです。

<あらすじ>

今川に材木を運び込んだことで難をのがれた直虎(柴咲コウ)。しかし、その材木は、今川によってある目的に使われることになるのだった。

龍雲丸(柳楽優弥)は、気賀に井伊家の焼き印入りの材木が運び込まれたのを見て不審に思う。実は、この材木で、今川は気賀に城を築こうとしていたのだ。これまで気賀は商人たちの自治が許されていたが、今川氏真(尾上松也)はここを家臣の大沢元胤(嶋田久作)に治めさせようと考えたのだ。

龍雲丸は激怒して築城反対派とともに、材木を焼くなど、様々な嫌がらせを始める。この混乱を鎮めようと、直虎は、止める政次(高橋一生)を振り払い、気賀に乗り込む。

気賀は、築城賛成派と反対派で真っ二つに分かれていた。直虎は、その双方の主だったものを集め、商人達の言い分を聞き、争いをおさめようとする。城を作ることより、自分たちの商売をやりやすくする条件交渉が大事なのではないか、と皆思い始めたが・・・。

龍雲丸だけは、どうしても築城に反対する姿勢を変えようとしなかった。龍雲丸の両親は、かつて城を守って討ち死にしていたのだ。彼にとって、城は憎むべき存在だった。直虎は彼の思い込みを理を解いて正そうとするが、龍雲丸は聞き入れない。

城に戻った直虎に方久(ムロツヨシ)が突然とんでもない提案をする。大沢の代わりに井伊が気賀に入ればよいというのだ。

 

自らのリーダーシップと家臣や龍雲丸の必死の働きで、今川からの謀反のとがめだてを見事逃れた直虎さん。今回も当主としての資質を発揮して大活躍です。

今回の築城問題は、商人の土地、気賀の政治経済問題が絡んでいるので、なかなかすぐには解決できないのでスッキリ感はまだありませんが、どうやら、思いもかけず、想像以上の結果にすすんでいくようですね。

どんなトラブルでも逃げずに正面からぶつかる直虎に、政次はじめ周囲はハラハラドキドキですが、一生懸命誠意をもって自ら困難を解決しようとする直虎が、ちゃんと報われる結果になるのは気持ちがいいものです。そもそも気賀の問題に井伊の当主が首をつっこむ必要がないのはリクツでいえば明らかですが、恩義のある龍雲丸とその仲間の命運を、黙ってみていることはできません。

もはや、無鉄砲にセンスと判断力が備わってきた直虎。こうやってがんばっているうちに、当主としての人望も得ていくに違いありません。ただの飾り物の当主とは言えませんね。これまでの大河の女性主人公たちのワキ役的な位置とは全然違います。

直虎の活躍が毎週楽しみです。

<かっこいい一言>

「お前はいったいどこの当主なのだ~っ!」  by 政次さん

 

<深い一言>

「目の前のいちいちに、誠をもって取り組んでいけば結果はおのずと結ばれるということじゃ」   by南渓和尚様

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

-ドラマレビュー, 大河ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんな城主直虎、あらすじと感想、第19回「罪と罰」は井伊家の新しい協力関係を描く

政次の真意を理解した直虎、今までとちょっと局面がちょっと変わったようですね。 政次がダークサイドに落ちた(?)ように見えてからというもの、冷たい関係が続いていましたが、前回の二人の会話の様子からして、 …

過保護のカホコ第7話~仲のいい家族はみんな偽善者か!?

いい家族関係の持てている人も、家族に恵まれない人も大なり小なり思い当たるふしがあり、ついつい見てしまう不思議なドラマです。カホコは、ばあば・初代(三田佳子)が命にかかわる心臓の病気であることを偶然知っ …

ごめん、愛してる第一回あらすじと感想~韓流ドラマ原作リメイクを日本人はどう見るか

TBS日曜劇場で注目のドラマが始まりました。 これは、韓国で2004年に制作された同タイトル「ミヤナダ、サランヘ」の日本リメイク。なんでも放送中はドラマタイトルを短縮して「ミヤ廃人」と呼ばれる人々を生 …

ウチの夫は仕事ができない第1回あらすじと感想~ダメ夫は本当にダメ夫?

関ジャニの錦戸君がダメ夫を演じるドラマ、「ウチの夫は仕事ができない」がいよいよ始まりました~。 ダメな錦戸君はあんまり見たくないけど、つい心配で見てしまいましたよ。 一方、奥さんを演じるのは松岡茉優さ …

おんな城主直虎第30回「潰されざる者」~井伊の危機が再び、直虎絶体絶命!

数々の危機を才覚で乗り切ってきた直虎とそのチーム。しかし、その実態は、常にこわれかけたつり橋を渡っているようなもの。踏み出す足を一つ間違えれば奈落の底へ落ちていく状況に変わりはなかったのです。 そのう …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット