大河ドラマ 未分類

おんな城主直虎第36回「井伊家最後の日」~次郎がおとわに戻る!?

投稿日:

龍雲丸は、直虎たちの懸命な看病でなんとか命をとりとめましたね。この人までいなくなってしまったら、きっと直虎はものすごい抜け殻状態になったことでしょう。まずは、一安心・・・。

前回に引き続き、井伊家はお家再興どころかまだどん底状態。直虎は、正気には返ったもののまだどうしていいかわからずに、白い碁石をとりだして眺めては、考えあぐねていました。

ここからが、直虎の腕の見せ所、と言いたいところですが、どうやら結構てづまり状態のようですね。新しい苦難の道がまたまた続くのでしょうか。

<あらすじ★ネタバレ>

井伊谷を追われた井伊家の人々は、隠し里で密かに暮らし、直虎は、気持ちが宙ぶらりんのまま、今後のことで悩んでいた。徳川家康(阿部サダヲ)浜松城にはいり、足に深手を負った近藤康用(橋本じゅん)の傷も立ち上がれるほどまでに癒えてきた。

近藤は、自分を歩くまでに回復させてくれた直虎たちに態度を軟化させ、井伊家の家臣たちを自分の部下に迎えてもよいと言い出す。一方、井伊家嫡男の虎松(寺田心)を松下家の養子に迎えるという話がもちあがる。松下には、虎松の母・しの(貫地谷しほり)が嫁いでおり、さらに、養子になれば、松下家の家督を継ぐこともできるという話だった。

しかし、虎松が他家の養子になれば、井伊家の再興は今後あり得ない話になってしまう。・・・大きな決断だった。悩む直虎に南渓和尚は「もうよい、そなたはよくやった」と優しくねぎらう。

直虎は、井伊家再興があり得ないことを皆に告げ、家臣それぞれの身の振り方を指図する。虎松にも松下家へ行くよう告げると、虎松は猛反発した。しかし、南渓和尚の説得で、結局は松下家へと向かう。

直之(矢本悠馬)と高瀬(高橋ひかる)は近藤のもとへ。六左衛門(田中美央)は虎松の森役として松下へいくことになった。

城主としての役目を終えた直虎は、「そばにいたい」と気持ちを告白する龍雲丸と、共に生きる道を選ぶ。

「われはもう、井伊を再興するつもりはない。もう無理じゃと思う」

と、直虎は皆に告げます。

これ以上、お家のために皆が人生をささげることをよしとしない、と直虎は考えました。そして、実際今までの気力がなにかぷつんと途切れてしまったようですね。

直虎が決心したのは、南渓和尚の言葉でした。

<今週の一言>by 南渓和尚

「もうやめじゃ、次郎。井伊はここで終わらせよう。

そなたはもう疲れ切っておろう。・・・そなたはようやった」

それにしても、虎松君は表情豊かで名演でした。

かつてのおとわをほうふつとさせるような、ポジティブオーラ。そして一心にお家のことを思う心。合点の行かぬことに納得しない意地。

そして、どうやら、南渓和尚は次郎をおとわに戻した後、次のリーダーの虎松を何かに導こうとしている様子でした。ずいぶん長い間話しこんだ様子でしたからね。結局松下家には、行ったようなんですが。ここは和尚の長期戦略を楽しみにしておきましょう。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!


大河ドラマ・時代劇ランキング

-大河ドラマ, 未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんな城主直虎 第20回「第三の女」~直親の隠し子は井伊家に福をもたらすか

ついに直虎も20回を迎えてますます好調ですね。 クラシックな大河ファンのおじさんたちからは、「合戦シーンが少なくてものたりない」とか、「歴史上の有名人じゃないからあんまり興味がない」といった声がありま …

おんな城主直虎第40回「天正の草履番」~直虎の、直親の、政次の思いが受け継がれていく

政次の処刑後、今後の展開を心配する声も少なくなかった「おんな城主直虎」。しかし、実は、物語はますます熱くなっています。 なんといっても青年に成長した虎松の登場。歴史上でも、彼は後の徳川四天王に数えられ …

おんな城主直虎第42回「長篠に立てる柵」~長篠の戦い!しかし万千代は留守居中

結局、初陣を飾れずに家康に置いて行かれた万千代でしたが、「日の本一の留守居」と家康にいわれたので、がんばって仕事に励む万千代でした。 今回は、織田信長(市川海老蔵)が登場。なんだか「デスノート」の悪魔 …

おんな城主直虎第41回「この玄関の片隅で」~万千代頑張るが、まだまだ!?

今年の大河ドラマももう終盤。 局面が変わって、これまで井伊直虎のストーリーだったのが、のちに徳川家で出世する直政(現在の呼称万千代)の出世物語になってきました。とはいえ、万千代は独力でのし上がるという …

おんな城主直虎第34回隠し港の龍雲丸~どん底の直虎と辞世の句!

冒頭、政次の最期のときを振り返り、つぎは井伊の居館で上座にすわる近藤の姿。そして悲嘆にくれる井伊家の一同。 なんとも悔しさがこみ上げる第34回です。 政次の存在がないことが巨大なブラックホールのように …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット