ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎第29回「女たちの挽歌」~直虎の「戦国サバイバル」はじまる!

投稿日:

ついに今川の要であった寿桂尼が最後の時を迎えました。彼女の存在がなくなるということは、現状の戦国地図を塗り替える戦乱の勃発に結びつきます。

そんな中、当主としてのリーダーシップを発揮し始めた直虎がどのようにこの大海を乗り切っていくのか、見逃せない展開になってまいりました。

かつて様々な大河ドラマで描かれた今川、武田、織田、徳川などの名だたる大名たちのかけひきが始まります。その中で小舟のようにももまれかねない井伊家の方からみた、この戦国時代は、今回どんなふうに描かれるのでしょう。

以下あらすじ(ネタバレ)です。

駿府では、女戦国大名と言われた寿桂尼(浅丘ルリ子)がしずかに息を引き取っていた。

風雲急を告げる情勢の中で、戦を避けるため、家康(阿部サダヲ)に書状を送って上杉と組むことを進言した直虎(柴咲コウ)だったが、この策が契機になって、反対に難題を押し付けられてしまう。

それは、虎松(寺田心)の母、しの(貫地谷しほり)を、井伊と徳川との同盟の証として人質に出すことだった。

やむを得ずしのに頭を下げ説得する直虎。しかし、しのは意外にも冷静に状況を受け入れた。とはいえ、虎松自身はなかなか納得できず、なんとか母を人質に出すまいと知恵をしぼるがいずれの策も不首尾に終わり、とうとうしのは人質として新しい嫁ぎ先へと発っていった。

駿府に武田からの使者が訪れ、今川と武田の関係はついに決裂が決定的になった。氏真(尾上松也)は、武田との戦を決意せざるをえなかった。国衆の内通を恐れる氏真は、寿桂尼の提言の通り、直虎を危険分子とみて何かを仕掛けようとしていた。

かつての戦国ドラマでも、「寝返り」する武将たちのことがよく描かれてきましたが、たいていは「ひきょうなヤツ」といった感じでしたね。

しかし、今回ようにあまりに弱小な(失礼!)井伊家の立場から考えていくと、今まで仕えてきた今川から寝返るということは、いかに危険でリスクが大きく、実行するとなると相当の勇気と知恵が必要なことがわかります。この辺はちょっと新しいですね。

そして、命令するほうもされるほうも女性という関係で、両者の感情や配慮の気持ちがていねいに今回描かれていました。人質というのは家族から離れるという辛さだけではなく、いったん何かが起これば、いつ殺されてしまうかもわからないという危険な命がけの立場です。

年端もゆかない虎松くんが不憫ですが、しのの言うように、これもまた修行なのでしょう。この時代、みんながこうして家を守って懸命に生きなければならないのですね。

かつて、大河ドラマは、国盗りや天下統一にむけたワクワクするスト-リーが繰り広げられましたが、井伊家のストーリ-はまさに「戦国サバイバル」もの。主家のちょっとした気まぐれや、状況の変化に木の葉のように揺すぶられながら、なんとかお家を守ってきた直虎。

いよいよ本格的に戦乱に巻き込まれてしまうのでしょうか。しかし、直虎にはちゃんと方針があります。戦乱に乗じて所領を増やそうなどとは考えていません。だから兵をだすつもりもありません。

<今週の一言>by直虎さん

「井伊と気賀、今以上の安堵は望みませぬ。われらの望むところは喜びに満ちた日々。井伊の目指すところは、民百姓、一人たりとも殺さぬことじゃ。」

さて果たしてこんなことが可能なのでしょうか???

本当にできたら痛快ですね!直虎さんの采配に期待しましょう。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 

-ドラマレビュー, 大河ドラマ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過保護のカホコ第7話~仲のいい家族はみんな偽善者か!?

いい家族関係の持てている人も、家族に恵まれない人も大なり小なり思い当たるふしがあり、ついつい見てしまう不思議なドラマです。カホコは、ばあば・初代(三田佳子)が命にかかわる心臓の病気であることを偶然知っ …

ひよっこ第21週「ミニスカートの風が吹く」~新しい風、新しいみね子!?

今週のひよっこ、ちょっと大きなストーリーはお休みで、登場人物の様々な近況が描かれました。 だから、中だるみということでもなく、これまで創られてきた様々なキャラクターの魅力が満載の楽しい一週間でした。 …

おんな城主直虎第25回「材木を抱いて飛べ」あらすじと感想~チーム直虎の団結をみよ!

直虎はいよいよリーダーとしての才能を発揮し始めました。今までごたごたしていた井伊の内部もすっかり一丸となっていい雰囲気です。・・・ところが良いことばかりは続きません。 今回は、今川にまたしても追い込ま …

おんな城主直虎 第20回「第三の女」~直親の隠し子は井伊家に福をもたらすか

ついに直虎も20回を迎えてますます好調ですね。 クラシックな大河ファンのおじさんたちからは、「合戦シーンが少なくてものたりない」とか、「歴史上の有名人じゃないからあんまり興味がない」といった声がありま …

大河ドラマ おんな城主直虎 あらすじと感想 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

女性が主人公の大河は、「篤姫」以来ヒットがありませんでしたね。でも今年の大河は、なんだか盛り上がりそうな気がしてきました。 最近「女の子大河」は実力派女優起用にもかかわらず、「江」「八重の桜」「花燃ゆ …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット