ドラマレビュー 小さな巨人

小さな巨人第8話~どんでん返しの連続で、視聴率もどんでん返しか!?

投稿日:

日曜劇場「小さな巨人」(日曜午後9時)の第8話の平均視聴率は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録したそうです。前回12.1%から回復し、第5話でマークした自己最高13.9%に迫りました。

好き嫌いの別れそうなドラマの内容ですが、なんといっても豪華俳優陣、長谷川博己さん、岡田将生さんのイケメンツートップの全力投球は魅力です。

さっそく今回の展開をみてみましょう。以降ネタバレあります。

<あらすじ>

所轄刑事となっても正義を求めて事件を追う香坂(長谷川博己)の前にまたも捜査一課長小野田(香川照之)が立ちはだかる。犯人と目星をつけてせっかく任意同行までこぎつけた早明学園の富永専務(梅沢富美男)をさっさと釈放してしまったのだ。

理由は富永から新証拠を入手したこと。その証拠から、真犯人と考えられるのは、失踪した横沢(井上芳雄)だった。

捜査一課と合同で横沢を逮捕するため、祐里(芳根京子)を妻の亜美(中村アン)に密着させるが・・・

 

今回も、小野田一課長の指揮のもと、香坂ら所轄刑事たちはいいように踊らされるわけですが、そんな不条理のなか、今回はかずかずのプチどんでん返しが次々と・・・。

 

その1~小野田一課長

香坂に「200%の覚悟」を迫っておきながら、早明学園の富永専務(梅沢富美男)をさっさと釈放した。早すぎてびっくり。

 

その2~捜査一課

あんなに「何もするな」といってたのに、今回はなぜか捜査協力を求める。本気でやる気になる所轄。でもやっぱり・・・。

 

その3~横沢の妻、亜美

祐里には、横沢を警察に出頭させたいといいながら、本当の気持ちは・・・。

そのうえ、祐里の携帯で・・・。

 

その4~祐里

亜美にだまされているような間抜け刑事を装いつつ、実は・・・。

 

その5~捜査一課の藤倉(駿河太郎)

香坂と同期の刑事藤倉は、香坂と協力するふりを見せながら、実は小野田一課長と・・・。でもやっぱり最後には・・・。

 

その6~山田(岡田将生)

逮捕したはずの横沢を・・・。

 

といった感じで、つぎつぎと予想を裏切るスピード展開。みているほうも誰を信じていいか頭が混乱してきます。

刑事ものということで事件の裏に潜むヒューマンなドラマを期待するとまるっきり当て外れですが、展開のスピード感で、最終話まで引っ張っていかれそうです。

今のところ、見終わった後ですっきりさわやかな気持ちは全然起きず、むしろ頭がごちゃごちゃして終わってしまうのですが、この状況を、最終的にどうまとめてくれるのかがそろそろ気になってきました。

さて、面白いのか面白くないのかよくわからない「小さな巨人」ですが、見逃した方は、U-NEXTの動画配信でどうぞ。なんといっても話題のドラマ、見ておいて損はありません。動画配信なら、展開をもう一回確認できますから、安心して見られます。

初めての方なら31日無料のうれしいサービスがあります!



にほんブログ村 テレビブログへ

-ドラマレビュー, 小さな巨人
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おんな城主直虎第24回「さよならだけが人生か?」~城主直虎が始動する!

未熟者の「殿」のすったもんだを描いてきた大河ドラマ「直虎」ですが、ここへきてそろそろ直虎さんも大人になってきたようです。 リーダーとしてのユニークな才能をひそかに南渓和尚から認められていた直虎ですが、 …

「ひよっこ」第11週 ~あかね荘にようこそ!~あらすじと感想、新キャストも紹介します💛

みねこのラブリーなホールレディ姿が楽しかった第11週。ポニーテールもかわいいですよね。 レストランの仕事がちゃんと務まるのかな、というハラハラドキドキの今週でした。 新しいアパート「あかね荘」のほうも …

ひよっこ第8週 夏の思い出はメロン色~あらすじと感想、キャスト紹介

第8週:5月22日(月)〜5月27日(土) 夏の思い出はメロン色 物語は、東京編。カワイイ乙女なキャストが楽しませてくれますね。 なんだかほおっておけない子たちですね。ついつい見てしまいます。 それも …

小さな巨人第9話~本当の裏切り者はいったい誰だ?

いつでも大詰めのようなテンションの高さで突っ走ってまいりましたドラマ「小さな巨人」ですが、今回は「セミファイナル」つまり最終回の一つ前ってことでしょうか。 今回も、一層の盛り上がりをみせて、対決場面が …

ごめん、愛してる第一回あらすじと感想~韓流ドラマ原作リメイクを日本人はどう見るか

TBS日曜劇場で注目のドラマが始まりました。 これは、韓国で2004年に制作された同タイトル「ミヤナダ、サランヘ」の日本リメイク。なんでも放送中はドラマタイトルを短縮して「ミヤ廃人」と呼ばれる人々を生 …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット