美容

意外とみんな悩んでる「顔のむくみ」解消法まとめました!

投稿日:

今日はカオの調子がいい!っていう日が毎日だったらいいのに・・・。

人間ですからどうしても、寝起きのカオはいまひとつ。

それでもいざというときのために(?)むくみについてよく知っておきましょう。

————————————————————————

意外とみんな悩んでる「顔のむくみ」

————————————————————————-

 

むくみの起きるのは、もちろん顔だけでなく、立ちっぱなし、座りっぱなしなどで

夜、足がむくんでパンパンになることがありますよね。

このように何らかの原因で、血液の循環が悪くなり、余分な水分や老廃物がとどこ

おってしまうことからむくみが起きます。

ここでは、顔のむくみと対処法について主に解説をしてまいります。

主に美容的対処法になりますので、病気が考えられる方は、医師の診察を受けて

いただくようお願いします。

 

●原因と結果

お酒を飲むと・・・アルコールによって、余分な水分が滞留。

塩分の取りすぎ・・・塩分が水分を滞留させてむくみが。

寝る前の水分の取りすぎ・・・朝、顔がはれぼったくなる。

といったところが代表的ですね。どなたでも多少は経験しているのでは?

しかし、他にも、女性ホルモンの影響で、月経直前1週間前~月経中までむくみやす

くなったり、妊娠によるホルモンバランスの変化でむくみがおきたりすることがあり

ます。

また、冷えなどから代謝が悪くなり、むくみが起きることもあります。一般的には

女性は男性に比べて筋肉の量が少なめであるため、代謝がわるくなりがちです。
●解決方法

それぞれ原因を取り除けばいいわけです。

 

===むくみ解消美容法

■顔がむくんでしまったときは、蒸しタオルで顔をあたため、こめかみや眉間など、

を指圧!目の周りの水分がすっきり排出されると、顔全体がすっきりして見えます。

 

■体全体を動かし、暖かいものを食べて、新陳代謝を高めます。

 

■時間のある場合は、マッサージクリームやオイルなどを使って、顔全体のマッサージ

をします。リンパマッサージ系が有効です。お風呂の湯船につかりながらのマッサージ

もおすすめです。
===日ごろから気をつけたいこと

むくみを慢性化させないために、代謝の良い健康な体づくりがキホンです。

・体を冷やさない

・冷たいものをとり過ぎない

・シャワーだけでなくお風呂にはいる

・同じ姿勢を続けるときは、1時間に1度、軽く体を動かす

・軽い運動を習慣化する。ストレッチやウォーキングなど

・適度な睡眠をとる

・体をしめつける服や下着、クツを避ける

経験があると思いますが、寝不足や寝すぎで、カンタンに顔がむくみます。
しかしその程度なら、おきて体を動かしているうちに普通は平常に戻ります。
===水分の代謝によい食品

塩分を控えめにし、カリウム、ビタミンB群、カルシウムを積極的に摂取するように
しましょう。

カリウムを多く含むのは、じゃがいも・きゅうり・小豆・アボカド・バナナです。

体の余分な水分を排出してくれる働きを持っています。
—————————————————————————–
むくみは、水分や老廃物が体内に必要以上に蓄積されている状態。

規則正しい生活や運動習慣で改善して、すっきり小顔を目指しましょう。

意外とこれで見た目が変わります。

—————————————————————————–

-美容
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うっかり日焼けは 今すぐケアして美肌をキープ!かならずしてほしいケアの方法

この季節、つい油断していると、うっかり日焼けをしてしまいがち。 まるで夏みたいな日差しですからね。 外出から帰ってみたら、お肌が赤くなっていた、なんてことはありませんか。 うっかり日焼けは、長期的には …

一日キレイでいる方法~オトナ肌のお化粧直しはこれでOK!

いよいよ本格的に蒸し暑くなってきましたね。 せっかく仕上げたきれいなメイクも崩れがちになるのはこまったものですね。 とくに、大人になると誰しも肌のバランスがくずれやすく、額や鼻のまわりはすぐにてかてか …

自分でできる究極の美容法=マッサージの驚きの効果

季節の変わり目って意外と肌が乾燥しますよね。温度や湿度がころころ変わるので、肌も疲れ気味。 こんなときは、お肌の美容体操といわれるマッサージで、自己エステしてみましょう。 美容体操、というのは、お肌の …

「白湯」は大人ダイエッターに最適&最強のダイエット飲料!~いつも体温アップで代謝促進

毎日どんな飲み物を飲んでいますか? ダイエッターなら、水分補給は欠かせませんよね。もちろん当分の多い甘い飲料は避けるのが吉。 ミネラルウォーターは、ノンカロリー、ノンシュガーのダイエッターにうれしい飲 …

まさかの「かぶれ」 敏感肌とのじょうずな付き合い方 化粧品は使ってもいいか???

今までなんともなかったのに、まさか、これって「かぶれ」なの??? 化粧品をつけたら、肌がぴりぴりする、赤くなる、ぶつぶつができる、などの症状がでたら、なんらかの原因で、肌がアレルギー反応を起こしている …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット