ひよっこ ドラマレビュー

ひよっこ 第7週 椰子の実たちの夢 昭和乙女の世界を満喫!

投稿日:

今週は昭和乙女たちの世界にどっぷりはまりましょう💛

第7週 椰子の実たちの夢 (5月15日~20日)

<あらすじ>

相変わらず父、実(沢村一樹)の手掛かりは見つからないままですが、みね子(有村架純)は乙女寮で元気にとばしてます。

乙女たちの中には、家から便りや差し入れがある子もいれば、ぜんぜんない子もいます。何も便りがとどかない澄子(松本穂香)は故郷の祖母を思ってさみしそう。そんな澄子を心配する仲間たち。

一方、女優をめざす時子(佐久間由衣)は、ついにNHKでオーディションを受けることになった。仲間たちの応援や、みね子の付き添いの甲斐なく、緊張のあまり、茨城なまりを連発して残念な結果に・・・。そんな時子をはげまそうと、みね子は、三男を呼び出すのだった。

故郷ではそんな三人と呼応するように、みね子、時子、三男のママたちが「女子会」で泣いたり笑ったり。

みね子ちゃんは、知れば知るほど大人ですね。見た目は単なるカワイイ系ですが、仲間を気遣い、親友を気遣い、ストレスがたまらないんでしょうか、と心配してしまいます。

がんばって「未来を切り開く!」というタイプでなく、状況をしっかり見て、気持ちいいほど正しい道へ普通にすすんでいくんですね。

お父さんがいなくなった!という大変な問題を抱えてはいるのですが、なんだか自己充足してますね。境遇はハッピーとは言いきれないですが、幸せの種を心にいっぱい持っているようです。

これは、新しいヒロイン像ですね。昭和のノスタルジックなおとぎ話的舞台装置の中で、なんだかしっくりはまります。

ドラマの主人公なら、がむしゃらに個性的だったりして、各種の挫折を繰り返しながら成長していくんですが、みね子ちゃんは、不思議なキャラですね。女優有村架純の演技力とキャラなくしては成立しないキャラクターです。

時子を思う三男の励ましも立派でした。

オーデションに落ちて落胆する時子に「女優あきらめろ、俺の嫁さんになれ」と迫って、逆に彼女を反発させて奮起させるなんて、オトコですね~。三男クンに惚れ直しました。

・・・ところで今週は最後に、3人のママたちの女子会風景が面白かったですね。

もっとすごかったのが、増田明美さんナレーション。この方が言うと、なんだか説得力スゴイです。

・・・今でいう女子会ですかね。楽しいですよね。あれはなんなんでしょうね。必要なんですよね、女子にとっては。

マラソン走るときは、給水が必要ですよ、と言われたのとおんなじ説得力でした~。女子会は必要だ、という前提を一気につくってしまったので、批判精神一切なく3ママの会話が楽しめちゃいました。

次回は、そろそろお父さんの動向がしりたいですね~。

来週何かありそうなので、期待してます!

-ひよっこ, ドラマレビュー
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒革の手帖第5話あらすじと感想~元子、危険な賭けに飛び込む!

元子は、究極の目標である銀座一のクラブ「ルダン」を狙っていよいよ本格始動します。元子はすでにクラブを一つ経営していますが、本当の目標は「銀座の頂点に立つこと」。銀座で一番若いママが、果たして銀座一のク …

おんな城主直虎第22回「虎と龍」~龍雲丸が急接近!?どうする政次

かつては偶然出会った謎の男、あるいは木の盗人、そして気賀では直虎を捉えた盗賊団の頭、その名は龍雲丸。 今回は、その龍雲丸がいよいよ井伊の里に手下を率いてやってきます! この男、悪いヤツではないようです …

ひよっこ第12週 「内緒話と、春の風」~みね子と仲間たち

みね子がすずふり亭で働き始めてもう2か月。 仕事にも慣れて、ポニーテールもすっかり板につきました。白いおリボンがキュートです! 日本の人口が一億人を超えた、という1966年(昭和41年)の春のこと。東 …

コードブルーSTORY#5あらすじと感想~フェローのミス!どうする白石?

サードシーズンももう第5回。立派になった「元」フェロー達に毎週声援をおくってます!新人時代を思い出しては、懐かしい感激が・・・。 でもそんな成長したドクターたちにも次々と襲い掛かる難題の数々。ぎりぎり …

過保護のカホコ第一回あらすじと感想~Huluで見逃し配信中♪

今充実の女優、高畑充希さんの主演ドラマ。脚本は遊川和彦さんで、もうこれだけでも「絶対見よう」と思ってしまいました。 過去には、「家政婦のミタ」「純と愛」「偽装の夫婦」など、個性的なドラマを手掛けてきた …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット