ドラマレビュー 小さな巨人

小さな巨人第9話~本当の裏切り者はいったい誰だ?

投稿日:

いつでも大詰めのようなテンションの高さで突っ走ってまいりましたドラマ「小さな巨人」ですが、今回は「セミファイナル」つまり最終回の一つ前ってことでしょうか。

今回も、一層の盛り上がりをみせて、対決場面が満載で、ストーリーを知らなくてもつい引き込まれてしまいそうな迫力です。

香坂は、だれが味方で誰が敵なのかわからない状況の中で、事件の真相を突き止めることができるのでしょうか。

どんな決着が待っているのか、今回も楽しみです。

では、あらすじです。

<あらすじ>

豊洲署員たちは、早明学園に潜入していた元捜査二課の刑事、江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された事件を追っていた。犯人と目されるのは横沢裕一(井上芳雄)。やっと横沢の身柄を確保したと思ったら、なぜか山田(岡田将生)が横沢とともに姿を消してしまった。

自宅謹慎を言い渡され、帰宅した香坂(長谷川博己)を迎えたのは、なんと山田と横沢だった。横沢から学園の裏金に関する帳簿のコピーをみせられた香坂は、山田とともに、江口殺害の真相と裏にひそむ学園の闇に挑戦することを決意する。

山田は、帳簿のコピーに記載された17年前の記録を見て、山田副長官と富永専務(梅沢 富美男)の二人を知る香坂の父、敦史(木場 勝己)に会うが、敦史は帳簿を指さして「山田さんとの絆だ・・・」とつぶやくばかりだった。

父親である内閣官房副長官、山田勲(高橋秀樹)の、17年前からの悪事を暴こうと父に会う山田。ところが、その場で捜査一課長の小野田(香川 照之)に拘束されてしまう。

山田の取り調べは小野田一課長が直々に行った。一課長の目的は、山田と取引し、帳簿の原本を手に入れることだった。精神的に追い込まれ、涙する山田。ほくそ笑む小野田一課長。

かつて小野田一課長が父を陥れたことを知った香坂は、改めて事件の真相を突き止めることを決意する。香坂は突破口を求め、学園の金崎理事長(和田アキ子)を訪れる。理事長の供述の嘘を見抜き、捜査二課に理事長を任意同行させることに成功する。うろたえる富永専務。

ところが、原本を取りに行った横沢と渡部たちは、その場で捜査一課に取り押さえられてしまう。こうして裏帳簿はついに一課長の手に渡る。そして、裏帳簿の切り取られた断片は、捜査一課長の金庫の中に存在していた。

ついに香坂は切り取られた帳簿の真実を目にして驚愕する。

 

金崎理事長の任意同行では、富永専務たちに一矢報いた香坂。ここはカッコ良かったですね。捜査二課の刑事たちは、殺された江口の元同僚ですから、本当の気持ちで香坂に協力したようです。捜査二課で、みんなが立ち上がるところのシーンでは、ちょっと感動しました。

このドラマ、スカッとしたくて見ているんですが、なかなかこうした「スカッと」場面がでてきません。

小野田一課長、富永専務、山田副長官などの悪役キャラが迫力ありすぎて、そっちにみとれてしまいます。今回も、小野田一課長が死ぬほど山田と香坂をいびり倒してすごかったですね。山田なんて、悔しくて涙がぽろぽろこぼれてました。香坂はショックで床に倒れこんでました。

香坂、江口のイケメンツートップ、もう少し頑張ってと言いたいです。最終回では、本当に見ている私たちをスカッとさせてくれるんでしょうか。

なんだか心配です。

にほんブログ村 テレビブログへ

-ドラマレビュー, 小さな巨人
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

僕たちがやりました♯1あらすじと感想~そこそこの日常が一変!

私の好きな窪田正孝さんが主演の原作アリドラマ。第一回から飛ばしてくれました。 原作は、2017年4月6日に最終9巻が発売されたばかりの同名マンガ(原作:金城宗幸、作画:荒木 光)です。かなり刺激的な内 …

小さな巨人第7話~視聴率ダウンの要因は?「200%の覚悟が必要だ!」

小さな巨人は「早明学園」問題の2回目。香坂の頑張りで、視聴率はアップするのでしょうか・・・? 俳優の長谷川博己さん主演の日曜劇場「小さな巨人」(日曜午後9時)の第7話が28日に放送されました。 平均視 …

コードブルーSTORY#5あらすじと感想~フェローのミス!どうする白石?

サードシーズンももう第5回。立派になった「元」フェロー達に毎週声援をおくってます!新人時代を思い出しては、懐かしい感激が・・・。 でもそんな成長したドクターたちにも次々と襲い掛かる難題の数々。ぎりぎり …

ひよっこ 第7週 椰子の実たちの夢 昭和乙女の世界を満喫!

今週は昭和乙女たちの世界にどっぷりはまりましょう💛 第7週 椰子の実たちの夢 (5月15日~20日) <あらすじ> 相変わらず父、実(沢村一樹)の手掛かりは見つからないままですが、みね …

大河ドラマ おんな城主直虎 あらすじと感想 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

女性が主人公の大河は、「篤姫」以来ヒットがありませんでしたね。でも今年の大河は、なんだか盛り上がりそうな気がしてきました。 最近「女の子大河」は実力派女優起用にもかかわらず、「江」「八重の桜」「花燃ゆ …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット