ひよっこ

ひよっこ26週~最終週も幸せがいっぱい、みね子ありがとう!

投稿日:

感動がいっぱいの最終週、そして最終回。あ~「ひよっこ」がおわっちゃって本当に残念です。

今回の朝ドラは本当に特別で、なんせ私は元茨城県住民だったんで、絶対に見よう!とずっと楽しみにしていたんです。そのうえ主題歌は私の青春MUSICの数々を提供してくれた桑田佳祐さま。そして、主演の有村架純ちゃんも、「あまちゃん」「ビリギャル」以来のファン。これで楽しくないはずはない!

でも本当に特別だったのは、ドラマの内容ですね。有村架純ちゃんは、かわいくて、さわやかで、しかししっかりしていて、いかにも朝ドラな感じのタイプの女優さんなんですが、「谷田部みね子」はちょっと普通の朝ドラと違いました。

「谷田部みね子」はフツーの子。ほかの朝ドラみたいに、社長になったり、アイドルになったりということもなく、まじめに自分の人生を生きてきました。

このドラマが展開された1964年からの4年間というもの、東京へ集団就職して、次にレストランに就職しただけ。その間、特別だったのは、行方不明の父を発見したことぐらい。ま、失恋と、新しい恋人ができたこともありましたけど。・・・たったこれだけで、こ~んなに面白いドラマができちゃうなんて、ただただ驚きです。

<あらすじ★ネタバレ>

すずふり亭では、ヒデ(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)が考案した「新メニュー」の試食会。みね子の考えた制服も披露されました。

三男(泉澤祐希)の働く米店では、三男がさおり(伊藤沙莉)から告白の返事を催促されていた。三男はついに「恋人になろう」と自分の気持ちをさおりに告げた。

世津子(菅野美穂)が来てから半年がたったあかね荘では、お茶パーティーが開かれる。世津子(菅野美穂)がみんなに感謝の気持ちを話し、少ししんみりしたところへ、突然早苗(シシド・カフカ)の思い続けた恋人が姿を現し、早苗は彼とサンフランシスコへ旅立っていった。

みね子(有村架純)のもとへ、父・実(沢村一樹)からはがきが届く。みね子が実家へ里帰りすると、家の畑は美しい花畑に・・・。父は、みね子にもう家のための仕送りはしなくてよいと言い、家族みんなにお礼を言われる。皆の心遣いを幸せにおもいながら、少し寂しさも感じるみね子だった。

妹のちよ子(宮原和)の応募で、谷田部家一同は「家族みんなで歌合戦」に出場することになった。みね子の家族は、全員で東京へ出てくることになった。そして本番、みんなで元気に「涙くんさようなら」を歌う。

谷田部家一同は、すずふり亭へ家族みんなで食事に訪れ、店の自慢料理「ハヤシライス」を堪能!そして、ヒデとみね子は家族に結婚したいと許可をもとめ、皆に祝福される。そんな楽しい時間のなか、父・実は突然、昔、店に預けておいた重箱のことをふと思い出したのだった・・・。

ホントに楽しいドラマでしたね。夢がかなったり、パートナーをみつけたり、それぞれがほぼ全面ハッピーなエンディングでした。見ている私たちもほんとに幸せな気持ちになりました。

このドラマの面白さは、まず世界観がきっちりできていること。高度成長真っただ中のこの時代、実は戦争が終わったばっかりで、結構みんな苦労して必死で生きていたはずなんですが、この時代を覚えている人たちにとっては、もう「思い出の時代」。(大変だったけど)もう「楽しかったことしか覚えていない」というぐらいのムカシであって、たいていは懐かしいな-と肯定的に思い出したい時代ですよね。

たとえば、みね子が「結婚したい」といってもあれだけの家族の中には、「反対だ」という人が一人ぐらいいてもおかしくなくて、普通はそのほうが現実的だと思うんですが、何せ、このドラマは幸せなノスタルジーの世界なので、絶対的にもうみんな賛成して祝福しちゃうわけです。

この幸せ感はドラマのポイントになる部分で隅々に用意されていて、みね子がかつて味わったすずふり亭の「ビーフコロッケ」や、今週の「ハヤシライス」。あの「おいしい!」という登場人物の感動は、かつて自分が感じた洋食の味、初めて食べた時の幸せ感を想起させてくれて、それはもう感動的な場面になっちゃうんですね。

父の実さんもまた、この魔法のような幸せ感の中で突然「重箱」のことなどを思い出してしまうわけです。鈴子さんが大切そうに出してきてくれた重箱は、それはもう宝物の箱のように見えました。きっとこのみんなで創りだした幸福感には、何か魔法の力があるに違いないのです。

小さな幸せの一つ一つが、とても大切に想えてくるドラマでした。有名になるとか、お金持ちになるとかではなく、自分の人生を大切に生きていく主人公でしたね。こういうドラマがこれからもたくさん見たいと思いました。

 

にほんブログ村 テレビブログへ

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!


ドラマランキング

-ひよっこ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひよっこ第14週「俺は笑って生きてっとう!」あらすじと感想~ビートルズ来日でみんな大騒ぎ!?

時は1966年6月、ついに日本にビートルズがやってきました。 今週のストーリーは、6月30日の公演前夜から始まります。たぶんみね子やすずふり亭とそのご近所さんたちにとって、忘れられない日々だったと思い …

ひよっこ第10週あらすじ「 谷田部みね子ワン、入ります」~クセになるやさしい朝ドラ

今週は、向島電機の工場閉鎖後のみね子たちをえがきます。 乙女たちが一人また一人と去っていくのは寂しいんですが、再開の日を楽しみにドラマを見続けたいですね。 みね子の就職はいったいどうなるんでしょうか。 …

ひよっこ第23週「乙女たちに花束を」~“川本世津子です、申し訳ありません!”

今週のひよっこ登場人物の皆さん、それぞれに新しい風が吹き始めました。「変わっていく」ことが、だいたい、「いいこと」だった時代です。昭和の右肩上がりの空気の中、みんなの進む先にはなんとなく明るい光が見え …

ひよっこ第24週「真っ赤なハートを君に」~時子が旅立つときと

漫画家たちに言わせると「最近停滞気味のみね子さん」ですが、周囲はなにかとにぎやかです。なにしろ先週は大女優の川本世津子さんを救出してあかね荘につれてくるという大活躍! 今週のみね子もいろいろと見せてく …

ひよっこ第21週「ミニスカートの風が吹く」~新しい風、新しいみね子!?

今週のひよっこ、ちょっと大きなストーリーはお休みで、登場人物の様々な近況が描かれました。 だから、中だるみということでもなく、これまで創られてきた様々なキャラクターの魅力が満載の楽しい一週間でした。 …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット