ドラマレビュー 大河ドラマ

おんな城主直虎第24回「さよならだけが人生か?」~城主直虎が始動する!

投稿日:

未熟者の「殿」のすったもんだを描いてきた大河ドラマ「直虎」ですが、ここへきてそろそろ直虎さんも大人になってきたようです。

リーダーとしてのユニークな才能をひそかに南渓和尚から認められていた直虎ですが、前回などは、盗賊団のかしらにうつつを抜かし、声なども上ずっていたのでちょっと心配な感じでしたが、今回は、どうやら気を取り直し、井伊のために活躍を始めます。

それでは、今回のストーリー。

<あらすじ>

龍雲丸(柳楽優弥)は、皆の期待をよそに、「柄じゃない」などと言いながら去って行ってしまった。

一方駿府では、今川氏が武田家への報復のため「塩止め」をして海のない武田を苦しめる方策を始めた。また、国衆達を離反させないために、縁談を積極的におしすすめていた。井伊に対しても、新野家の三女、桜(真凛)を今川家の重臣、庵原(いはら)家へ嫁がせるよう命が下る。

そのころ、松平家康(阿部サダヲ)は、織田信長(市川海老蔵)と面会していた。信長は、自らの娘、徳姫と家康の嫡男、竹千代の縁組をすすめさせる。恐ろしい形相の信長に全く逆らえない家康だった。

直虎は、桜の婚姻を心配し、南渓(小林薫)とともに嫁ぎ先の井原助右衛門(すけえもん/山田裕貴)を訪れる。まっすぐで申し分のない人柄に安心し、納得して縁談をすすめるのだった。

領主として、思慮深く成長してきた直虎に、南渓和尚は「もう、おとわはおらぬのじゃのう」と少し寂しそうにつぶやく・・・。

井伊家、家中の人間関係を中心に話がずっとすすんできたストーリーですが、結構楽しみながら見ております。

確かに、大河にしては、スケールが小さいとはいえるのですが、毎回毎回のストーリーがていねいに作りこまれていて楽しく好ましく見られます。

今回では、直虎が縁談をすすめるなか、あれほど敵対していた直親の奥方しのが、陰ながらバックアップしてくれていたり、幼少のころからの乳母、たけが想いを残しながら去っていきつつ、代わりに自分の姪をよこしてくれたり。こころが温まるエピソードもよかったです。

政次や南渓のサポートはもちろんながら、直親を中心に次第に求心力の強い小宇宙が出来上がってきているようです。

「ますます心せねば」と自覚する直虎。政次に命じて、北条に対して縁談をすすめるよう指示をする。この策には政次も「なかなかよろしきお考え」とお褒めの言葉。

材木の売り先も決まったようで、国づくりも軌道に乗ってきました。これからは、直虎の宇宙は一気にスケールアップしそうです。城主として、どんな活躍をしてくれるのか、また、今回登場の信長や家康がどんな描かれ方をするのか楽しみなところです。

 

今週の一言  by 直虎さん

「皆あの者たちのように生きられれば、よいであろうのう。」

「侍にという話を、やすやすとけることができるのは、あの者たちが何にも頼らずいきていけるからであろう。一人一人の身の内に、生きる術をもっていれば、好きなように生きていけるのではないかのう。」

龍雲丸たちが出て行ったあとの直虎さんががっかりしながら言った言葉。・・・沁みました。
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

-ドラマレビュー, 大河ドラマ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

U-NEXTで世界最強の海外ドラマを見よう~「プリズンブレイクⅠ~Ⅴ」

面白い海外ドラマと言われたら、真っ先に頭に浮かぶのがこのドラマ「プリズンブレイク」。 最近、シーズン5が始まったので、改めて最初から見直したくなった人も多いはず。 シーズン5を見る前に、ちょっとおさら …

ごめん、愛してる第一回あらすじと感想~韓流ドラマ原作リメイクを日本人はどう見るか

TBS日曜劇場で注目のドラマが始まりました。 これは、韓国で2004年に制作された同タイトル「ミヤナダ、サランヘ」の日本リメイク。なんでも放送中はドラマタイトルを短縮して「ミヤ廃人」と呼ばれる人々を生 …

おんな城主直虎第36回「井伊家最後の日」~次郎がおとわに戻る!?

龍雲丸は、直虎たちの懸命な看病でなんとか命をとりとめましたね。この人までいなくなってしまったら、きっと直虎はものすごい抜け殻状態になったことでしょう。まずは、一安心・・・。 前回に引き続き、井伊家はお …

過保護のカホコ第4話~カホコ、あっさり失恋か?

カホコのボーイフレンド初君をめぐって、ついにカホコとママとの間に深い溝が・・・。これだけ強いきずなの母子が簡単に離れてしまうわけはありません。 でも今回は、カホコの抵抗ぶりをじっくり楽しませてもらいま …

ひよっこ第9週「小さな星の小さな光」~みね子の目にお☆さまが光る

今週も「昭和のおとぎ話」をたっぷり見せてくれた「ひよっこ」。 ・・・ついに乙女寮に危機がやってきました。なんとなんと、みね子たちの働く向島電機に倒産の危機です。東京オリンピックの翌年、オリンピック景気 …

最近のコメント

    ブログ村ブログパーツ

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    大人のダイエット